【身元調査の必要な現代の状況】

身元調査とは、対象になった人の素性を調べることです。どこの出身で、何の仕事をしているのか、家族構成などです。

その人の社会的立場を知ることによって、深く付き合っても良い相手かどうか、重大な契約を結んでいい相手なのかどうかを事前に判断できます。その結果、損害や被害の発生前に、避ける事も可能です。

現代ではインターネットの発達により、見知らぬ人とふれあう機会がとても増えています。知らない人と付き合うことはかなり危ないことですが、最近の人々はハードルが下がっています。

知らない人と結婚する、多額のお金を貸すなどは、相手が何者か確認をしてからのほうが安全なのは言うまでもありません。後になってから後悔する人もたくさんおられますから、きちんと探偵事務所に身元調査を頼んでからにするのが、トラブルを避けるコツです。

身元調査では専門的な知識と技術がい必要ですから、一般の方が自分で行うのはまずできません。仕事などで忙しい方も多いでしょう。

このような難しい問題は、探偵事務所にお任せするのがコツだといえます。

【体験談】

どういう場合に身元調査が役に立つのでしょうか。具体的な事例を見ていきましょう。

●対象者25歳男性 Y男 会社員 結婚に関するケース

相談者は、Y男と3年付き合い、プロポーズされ結婚を決意しました。しかし、両親がY男に会い話をしたところ、その言葉遣いが低俗・無教養・服装の派手さを心配し身元調査を頼みました。

調査の結果、Y男は右翼団体の構成員で、相談者には偽の会社に努めていると騙し続けていました。他に内縁の妻子と借金もあり、背景に問題を抱えている青年と発覚しました。

相談者は、付き合うことを止め、ご両親も安心したそうです。反社会的な人との恋愛は珍しいことではありません。学校などの旧友でも、バックグラウンドのよくないわからずに付き合ってしまう場合はとても多く、周囲の者が目を光らせなくてはなりません。

●対象者 26歳 女性 G子 会社員 借金のケース

中学の同級生であった相談者にG子が借金を申し込みました。額も400万と多額です。同級生で面識もあり、誘惑もされていました。身元を調べてみると、G子は既婚で、暴力団員の夫と暮らしていることが発覚しました。

相談社の気の優しいことを利用し、夫に脅させて泣き寝入りをさせる美人局に近い方法でした。相談者とは肉体関係もなく、相手が反社会的人物とわかり驚いていました。しかし、「わかってよかった」との感想を述べています。

この後、相談者はG子との接触を避け、平穏に暮らしています。

【まとめ】

このように事前に相手の素性を知っておくことは、とても大事といえるケースを紹介しました。トラブルを察知したら探偵事務所へ相談しましょう。