身元調査の内容と事例

「身元調査」というのはその名の通り、対象者の身元を調べあげて、そのすべての情報を集めて依頼者に報告することを基本とします。

似た調査に「素行調査」というものがありますが、こちらは対象者の普段の生活や行動、活動内容といったものまでを監視、調査して依頼者に報告するというものなので、対象者のすべてを調べあげる身元調査とは似て非なるものです。

調査方法というのは探偵事務所によって様々であり、企業秘密という部分でもあるので調査方法すべてを明らかにしている探偵事務所は少ないかもしれません。

最近はプライバシー保護という観点から、以前以上に丁寧で法律に抵触しないような調査方法をとる探偵事務所が増えています。

主に調査対象者の友人、知人、家族、知り合いなどから聞き込み調査を行うということや、そこからさらに踏み込んだ調査を行います。

調べることができる事も実に様々で、細かな経歴から結婚歴や離婚歴、取得資格や健康状態、交友関係、住んでいる所や勤務先などでの評判や風評といったもの、対象者の資産状況なども調べあげます。

これらの調査は予め対象者の氏名や生年月日など、どれか一つしかわからない場合でも、なにもわからないにしてもゼロから調査を開始して、そのすべてを明らかにします。

そういう調査ですから、実に様々な需要を満たす調査といえます。

結婚前の調査

結婚を前提とした付き合いをしているけれど、相手が過去のことや周囲のこと、自分のことを話すことがないのでよくわからないという場合に利用されたり、結婚しようとしている男女の親御さんが相手側の情報がまったくわからないとか、相手の言うことに疑義があるといった場合の利用というのもあります。

こういった事例の場合は調査対象になにもないこともあるんですが、実は多額の借金があったとか、自称していた学歴や経歴に嘘があったり、実はバツイチだったといったことが判明するという事例も数多くあります。

結婚し、離婚して相手側にお子さんがついていっている時なども利用されることがあります。

元結婚相手の心配というのはもちろん、自分の子供達のことを心配して、元結婚相手に彼や旦那さん、または彼女や奥さんが出来た場合、その人物が信頼できるかといった調査を行います。

調べてみるとギャンブルなどで借金を抱えている人であったり、育児放棄をしていることが明らかになったり、日常的に元結婚相手や子供にまで暴力を振るう人であることが判明し、解決に向けて動き出したといった事例もあります。

依頼者の知りたいと思う気持ちと、すべてを明らかにしてどんな結果でも受け入れるという覚悟をもち、そして真実を手にしたいと思う心をもった人が利用することが多いのが「身元調査」といえます。