最近ではインターネットを利用した出会いの場が増え、相手の素性がよく分からないというケースが増えてきました。そうした中で多くの人が相手にお金を貸したり結婚したりするのに不安を感じるようになってきています。

「お金を貸したのに相手と音信不通になってしまった」、「結婚したのに相手につき合っていた異性がいた」など思わぬトラブルに巻き込まれる人が増えてきているのも事実です。

身元調査は、そうしたトラブルの危険から身を守り、安心して相手との関係を築くためのものです。

身元調査では、相手の素行、身元、身上、身辺、生活状況、資産(不動産・金融資産・負債)の状況、健康状態、交友関係、勤務先や近所での評判や風評など、あらゆる面が調べられます。

こうした事実を見ていけば、相手が本当に信用できるかどうかがはっきりさせることができるのです。

相手を知るための身元調査・身辺調査

例えば、相手がお金を借りたい理由が親族の借金が原因であった場合、相手の親族の住所をつきつめて、財産状況を確かめます。

相手の言うことが本当であれば、親族が借金をしている証拠が必ずあるはずです。もし万が一、親族が借金していなかった場合は、相手が自分からお金をだまし取ろうとしていると考えることができます。

このような身元調査でいろいろな真実が見えてくるのです。

身元調査が有効な例

例えば、相手が急に結婚の時期を早めたいと言ってきた場合は、相手の勤務先、財産状況を調べて、多額の借金や金銭トラブルがないかどうかを確かめます。

※結婚に関する身元調査事例

※結婚調査について

多額の借金があった場合は、自分との幸せな生活ではなく、家の財産が目当てであることがはっきりします。

他にも、慰謝料を請求する際に必要な情報として身元調査が有効になる場合があります。

例えば、「夫が誰かと浮気をしているようだ」と気がついたとき、相手の女性の身元調査を依頼します。

調査によって相手の名前や住所や勤め先、結婚しているかどうかを調べて相手の身元をはっきりさせておけば、離婚後の慰謝料を請求する際の証拠として提出できます。

身元調査の依頼先や費用は?

身元調査を依頼するのは、探偵事務所や興信所になります。一回の身元調査でかかる費用はだいたい10〜15万ほどです。

日本全国対応調査の興信所

「たかが調査でそんなにかかるのか!」と驚かれる方もいるかもしれませんが、結婚詐欺にあったり財産を騙し取られたりする恐れもあることを考えればそれほど高いものとは言えないのではないでしょうか?

思わぬトラブルを避けることができる身元調査は、相手との良好な関係を築き、これからの人生を円滑に進めるために必要なものです。少しでも疑問を感じたら決して相手に遠慮して調査を躊躇することがないようにしましょう。

やさしさや善意から調査をためらい、家財を失う状況に陥る人物は少なくないのです。無条件で相手を信用することが決して「優しさ」となるわけではありません。

時には相手を「疑う」ことから始め、その後に信用できるかどうかを判断することも人生には大事な時もあります。

身元調査は素行調査などと同様に、多くの方が保身のために必要だと判断し、実施されている調査であると言えるでしょう。

相手の行動を知る素行調査・尾行調査